編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HPとネットマークス、複数の認証方式を備えたシンクライアントシステム

ニューズフロント

2006-05-09 15:59

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とネットマークスは5月9日、セキュリティソリューション分野で協業すると発表した。日本HPのシンクライアントシステムとネットマークスのマルチデバイス認証ソフト「SecureSuiteXS」などを組み合わせ、「ネットマークスシンクライアントソリューション」として提供する。

 この製品は、両社の製品に加え、シトリックス・システムズ・ジャパンのターミナルサービス用サーバ「Citrix Presentation Server」を利用する。バイオメトリクス認証やICカードによる認証など、さまざまな認証方式でログオン時にユーザーを認証することが可能だ。複数の認証方式を組み合わせることで、セキュリティを高めている。

 パスワードのランダム生成機能を備えており、パスワード総当たりなどの外部攻撃からシステムを守る。採用する日本HP製シンクライアントはOSとしてMicrosoft Windows XP Embeddedを搭載する。ハードディスクや冷却ファンなどの駆動装置を内蔵していないため、省電力、低騒音なオフィス環境を実現する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]