編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ワイズノット、オープンソースソフトウェアのASPポータルサイトを開設

目黒譲二

2006-05-16 17:29

 ワイズノットは5月16日、オープンソースソフトウェア(OSS)のASPポータルサイト「NEXTWISE」を開設し、グループウェア「Group-Office」のASPサービスを開始したと発表した。

 NEXTWISEは、ビジネス向きのOSSを簡単かつ低価格で利用できる法人向けの会員制ASPサービスだ。サイトから申し込むだけで、Group-Officeのインストールが実行され、すぐに利用できる。同一IDですべてのアプリケーションにサインオンすることができ、アプリケーションのシームレスな切り替えが可能だとしている。

 今後は、全世界に数10万点あると言われているOSSから、法人向けのソフトウェアを中心にピックアップし、一部カスタマイズして、ソフトウェアを追加していく予定。

 会員登録は無料で、利用料金は、初期設定費用5250円、月額利用料金2100円(50Mバイト、20名まで)となっている。なお、7月末までは、初期設定費用を無料で提供するとしている。

 同社はNEXTWISEをクロスメディア事業の中核として位置付けており、初年度は1万クライアントの獲得を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]