編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SPARCアーキテクチャ上でUbuntuが稼働か--サンCEOの発言で憶測が浮上

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-17 16:24

 米カリフォルニア州サンフランシスコ発--Sun MicrosystemsとデスクトップLinuxのUbuntuは、JavaOneカンファレンスにてお互いへの評価を示し、Ubuntuの次期版「Dapper Drake」(開発コード名)がSunのサーバ上で動く可能性があることを示唆した。

 米国時間5月16日、Sunの最高経営責任者(CEO)Jonathan Schwartz氏はJavaOneの開幕を告げる基調講演にて、Ubuntuに対する熱烈な支持を明らかにした。また、Ubuntuプロジェクトの創始者、Mark Shuttleworth氏もSchwartz氏の基調講演に登場し、Javaへの支持を示した。

 基調講演の後に行った記者とのミーティングで、Schwartz氏は「Ubuntuは波に乗っている」と述べた。「最も重要なLinuxディストリビューションとまでは言えないかもしれないが、間違いなく重要なディストリビューションの1つではある」とSchwartz氏は述べる。これは、Linuxの大手ディストリビューターであるRedHatとNovellにとっては、痛い言葉だろう。

 Ubuntuコミュニティでは、6月1日にリリースを予定しているDapper Drakeで、企業ユーザーの間でも評判を上げることを狙っている。Dapper Drakeは、32ビットと64ビットのIntel互換サーバ、PowerPCサーバで動作するほか、Shuttleworth氏によると、これ以外にももう1つ発表予定のアーキテクチャがあるという。これはひょっとしてSunのSPARCになるかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]