編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテリシンク、ASP機能を強化した「Intellisync Mobile Suite 7.0J」を発表

CNET Japan Staff

2006-06-01 18:29

 インテリシンクは6月1日、ASP機能を強化し、Lotus Notes/Domino 7.0への対応やセキュリティ/管理機能を強化した最新バージョン「Intellisync Mobile Suite 7.0J」を発表した。2006年7月3日より提供を開始する。

 Intellisync Mobile Suite 7.0Jは、ASP対応機能の強化やDomino R7対応に加え、クライアントソフトウエアのインストール方法/オプション設定方法の強化、WebPIMユーザーインターフェースの高度化、セキュアゲートウェイ機能などが強化されている。

 また、エンベッドウェブサーバ技術により、これまでのバージョンで必要だった、「Internet information Service(IIS)」が不要になり、より容易にMobile Suiteサーバを設置できるようになっている。

 1ライセンスあたりの価格は、Intellisync Mobile Suite Wireless Emailが1万2600円、Intellisync Mobile Suite Device Managementが9450円、Intellisync Mobile Suite File Syncが9450円、Intellisync Mobile Suite Data Syncが1万6800円。価格はすべて税込み。最低50ライセンスから販売される。

 また、インテリシンクは同日、TISがIntellisync Mobile Suite 7.0Jを利用した日本初のエンタープライズモバイルソリューションのASPサービスを開発中であること、およびNECネッツエスアイとNECがIntellisync Mobile Suite 7.0JとStarOffice21の連携システムを提供することも発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]