編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウィジェットやBitTorrentを搭載した「Opera 9」がリリース

吉澤亨史

2006-06-21 14:20

 Opera Softwareは6月20日、パソコン用のウェブブラウザの最新版「Opera 9」を発表、無料で提供を開始した。Operaは複数のホームページをひとつのウインドウに表示できるタブブラウザ。新バージョンではウィジェットやBitTorrentなどが搭載されている。

 ウィジェットは、デスクトップ上で動作するミニアプリケーション。さまざまな情報をリアルタイムで入手、表示させたり、ゲームなどもプレイできる。また、JavaScriptやCSS、HTML、AJAXといった技術を使用しているため、ウィジェットの作成も容易だ。「BitTorrent」は、ファイルを共有するためのシステムで、Winnyなどのような匿名性がないことが特徴。ウェブブラウザに標準搭載されるのはOperaが初めてとなる。

 このほか、お気に入りの検索エンジンを自由に選べたり、タブにあるビデオファイルのサムネイルを表示できるなど、高速で効率のよいホームページ閲覧が可能になる。また、広告や画像の除去、サイトごとに異なった設定やクッキー拒否が可能になったほか、セキュリティ機能も強化されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]