編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

デル、Latitudeシリーズ最新機種「D420」を発売

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-06-21 16:45

 Michael Dell氏が1カ月以上も前に約束していた新製品「Latitude D420」がとうとう発売された。

 Dellの最高経営責任者(CEO)が2006年5月の「Future in Review」会合で「うっかり口を滑らせて」からというもの、IT業界はDellのLatitudeノートPCシリーズへの新機種追加をじりじりしながら待っていたのだ。

 DellのシニアプロダクトマーケッターAllison Gardner氏は「Latitudeでは、企業用、商用を強く意識している」と言う。「420ユーザーは移動性が高く、自分のオフィスの中でさえも頻繁に移動する。そこで重さとバッテリー駆動時間に重きを置いた」

 Gardner氏は、今回の製品をかつての「Latitude X1」と「D410」が収束したものと表現する。

フォトレポートへ

 2006年5月に報じたとおり、D420はLatitude Dファミリーの中で最新かつ最軽量の機種である。この超手軽に持ち歩けるノートブックの重さは3ポンド(約1.4キログラム)以下で、バッテリー駆動時間は7時間以上だ。スマートカードリーダー付きで、セキュリティ強化のための指紋読み取り機能も追加できる。

 D420はその小ささに反し、12インチのディスプレイとフルサイズのキーボードを備えている。また、無線LAN機能は「802.11g対応」または「802.11a/g対応」を選択できると言う。次世代無線LAN規格の「802.11n」にも対応する。

 Latitude D420にはモバイルブロードバンド接続機能も組み込まれている。米国ではCingularとVerizon Wirelessに、フランス、ドイツ、英国ではVodafoneのネットワークに接続できる。また、コンピュータの電源を入れなくても無線接続ポイントを探したりできる「Wi-Fi Catcher」も備えている。

 最低価格は1379ドルで、現在は「Intel Core Soloプロセッサ」を搭載している。デュアルコアプロセッサ搭載版は2006年夏に発売の予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]