編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユニテックス、メインフレームとオープンシステムを共有するソリューション

WebBCN (BCN)

2006-06-26 10:17

 ユニテックス(土田義徳社長)は6月22日、メインフレーム(大型汎用機) とオープン系システム間でデータを共有する「OMS データ交換・共有ソリュー ション」を発売すると発表した。価格は個別に見積もる。初年度で30セットの 販売を目指す。

 「OMSデータ交換・共有ソリューション」では、同社のメインフレームとオー プンシステムを接続する「OMS5000」を使用する。メインフレームに「OMS5000」を接続し、それをオープンシステムと共有することで、データ交換を容易にする 。

 今回は、「OMS5000」にディスクを接続し、そのディスクを仲介しメインフ レームとオープンシステムとの間でデータを共有するソリューション、3480/3490E互換テープ装置によるテープ渡しを目的として、OMS5000にテープ装置を 接続し、メインフレームからの書き込み、オープン・システムで作成したテー プをメインフレームで読み出すソリューションの2つを販売する。

 メインフレーム用磁気テープライブラリの保守切れ対策としても有効。いず れの場合もIBM、富士通、日立、NECなどの機種間でコード体系の違いを吸収す るコード変換機能、暗号化機能を持っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]