編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

IBM、任天堂の新しいゲーム機「Wii」向けのマイクロチップの出荷を開始

CNET Japan Staff

2006-09-08 18:36

 IBMは9月8日、任天堂の新しいゲーム機「Wii(ウィー)」に搭載されるマイクロプロセッサの出荷を、ニューヨーク州イーストフィッシュキルにあるIBMの最先端半導体工場から開始したことを発表した。

 2006年上半期に、IBMと任天堂はWii向けのマイクロチップ製造のための複数年の契約を締結。「ブロードウェイ」というコードネームで呼ばれていたプロセッサは、今までのゲーム機では実現できなかった体験をユーザーに提供できるという。

 この合意内容に基づきIBMは、すでに2社間で合意済みのカスタムデザイン仕様に基づき、90ナノメートルプロセスのIBM SOI(シリコン・オン・インシュレータ)技術を使用した「Power Architecture」ベースのプロセッサを生産している。

 IBMでは、SOI技術により十分な処理能力を実現しながら約20%の電力消費量を削減できるとしている。

 IBMと任天堂は1999年5月にも、ニンテンドーゲームキューブ用の「ゲッコー(Gekko)」と呼ばれるプロセッサの設計、製造に関する技術契約を締結している。このプロセッサは、バーモント州バーリントンのIBMの製造工場で生産されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]