編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

IBM、データを暗号化して保存するテープストレージ製品を発売

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉

2006-09-12 19:12

 IBMは米国時間9月12日、データを暗号化してテープドライブに保存するストレージ製品「IBM System Storage TS1120」を発表する予定だ。

 TS1120は、ユーザーの使用機器がIBMのメインフレームであれUNIXシステムであれ、データの暗号化をテープレベルで可能にすることを目指している。同製品では、暗号化のためのアプリケーションをインストールする必要がなく、基本システムだけでデータを暗号化できる点も特長だ。

 IBMのエンタープライズストレージ担当オファリングマネージャー、Randy Middlebrooks氏は「顧客がデータを紛失し、新しい法律が可決される時代には・・・データを保護することは誰にとっても重要だ」と話す。テープドライブは今でも、企業がデータ保存に利用する主な手段の1つだ、とMiddlebrooks氏は言い添えた。

 TS1120は発表に合わせて出荷開始され、価格は3万5500ドルになる見込みだ。

 IBMは、ヘルスケア、保険、金融といった業界の顧客が、暗号化が可能なテープドライブを大量に購入し、各社の顧客データを保存する手段として使用することを期待している。法規制の改正で、社内の文書と同様に、企業が管理する顧客記録のプライバシーおよびセキュリティ要件が厳しくなった

 IBMはこうした状況を受け、自社技術に暗号化を導入する取り組みを強化している。同社は2006年4月、ハードウェアベースのセキュリティ技術「Secure Blue」を発表した。Secure Blueは、プロセッサを介してデータを暗号化および復号化することを目指している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]