編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

個人/機密情報の所在管理ソフト「SecretBarrier」--検出内容を一括管理

ニューズフロント

2006-09-25 20:17

 エフ・エフ・シー(FFC)は9月25日、企業内ネットワークにある個人/機密情報の所在を管理するソフト「SecretBarrier」を9月28日から販売すると発表した。

 価格は、ソフト「BarrierSeries Media Pack」が3990円、サーバライセンス「SecretBarrier Enterprise」が39万9000円、クライアントライセンス「SecretBarrier Standard」が4179円からとなる。

 SecretBarrierは、企業内ネットワークに接続されているPCやサーバから個人/機密情報を含むファイルを検出し、検出内容を一括管理するためのソフト。FFCが、富士通研究所の検索技術をベースに開発した。

 NE抽出、パターン照合、形態素解析といった技術を用いてテキスト情報を検査し、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報や、あらかじめ設定したキーワードから機密情報などを、前後の文脈から検出する。FFCによると、新聞1日分のテキストを約18秒で解析し、検出正答率は98%あるという。検査結果は、システム管理者が収集して一括管理できる。

 サーバの対応OSは、Microsoft Windows 2000 Server(SP4以上)またはServer 2003。環境によってはSQL Server 2005(SP1以上)が必要となる。クライアントの対応OSは、Microsoft Windows 2000 Professional、XP(SP2対応)、2000 Server(SP4以上)、Server 2003。

 FFCでは、年間10万本の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]