「ビジネスとモバイルが次のフォーカス」--Skype幹部が語るビジネス戦略

末岡洋子 2006年09月27日 11時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VoIPブームを起こした革命児であるSkype Technologiesだが、まだビジネス確立に向けた課題は多い。そのSkypeでテレコムおよびSkype for Businessを担当するシニアバイスプレジデントであるMichael Jackson氏が、フランス・パリでプレス向けに発表会を行い、Skypeの戦略について語った。

 Jackson氏によると、Skypeの登録者は現在、約1億1300万人に上るという。また、国際通話の7%がSkypeを利用している。Skypeの戦略は、(1)登録者を増やす、(2)Skypeを活用してもらうの大きく2つ。特に、Skypeを活用してもらうことを実現するため、さらなる機能を提供するアプリケーションを開発している。

 その一例が、1クリックで通話を開始できる「Click to Call」だ。先にGooleと提携し、同社の広告で使われることになった。また、ビデオカンファレンス機能もまだまだ普及の余地があるし、改善の余地があると見ている。現在、このようにSkypeの活用を促進するようなアプリケーションの開発を進めている。

 さらに、その延長線上にあるフォーカスエリアに法人市場がある。Jackson氏は、「Skypeユーザーの30%がビジネスで利用している」と話す。たとえば、米国でブルーベリー農園を経営する男性は、取引先の訪問などで社外にいることが多く、あらゆるところからSkypeを使って、取引先やオフィス、家族とやり取りしているという。

 「どこにいても利用できる。これがコンバージェンスの強みだ」とJackson氏は話している。

 現在、Skypeの法人戦略におけるターゲットは、中小規模の企業向けだが、「大企業でも作業グループやこの営業マンのような旅行の多いビジネスマンにアピールできる」とJackson氏は言う。Skypeでは今後、ビジネスユーザー向けのサービスのリリースも計画しているようだ。

 また、もうひとつのフォーカスエリアとしてモバイル分野がある。Skypeは、先に数社のハードウェアパートナーとともに、Skype搭載WiFi電話を発表している。現在、携帯電話向けOSとしては「Windows Mobile」にのみ対応しており、できるだけ早くSymbian、Palmなどにも対応する計画だ。

 現在、モバイル端末でのシェアは5〜10%程度。「Skypeがあらゆるところで利用される。これが理想だ」とJackson氏は話している。

 しかし、VoIPを巡る競争は激しくなっている。MSN、Goole、YahooなどのIMサービスも音声通話機能を提供しはじめている。このような状況に対しても、Jackson氏は余裕を持っている。

 「Skypeのフォーカスはあくまでも音声。リアルタイムコミュニケーションだ。われわれはIM機能も提供するが、音声分野では勝つチャンスがあると思っている」(Jackson氏)

 そのための戦略としては、プラグインアプリケーションにより、ハードウェアに搭載したり、エコシステムを確立することなどだ。「この点ではSkypeは他社の一歩先を行っている」とJackson氏は自信を見せた。この他の競争としては、ウェブベースではない既存のテレコム企業は競合相手と思っておらず、キャリア独立性、ネット中立性などは好材料と見ているようだ。

 また他の一部のサービスで実現しつつある相互運用性については、「Skypeでは当面予定はない」と言う。「ユーザーからのニーズもないし、アプリケーションが高機能になると実現は難しい」とJackson氏。「土台部分では相互運用性が実現するかもしれない」と消極的な見解を述べている。

 現在、同社の収益モデルは、Skype OutやVoiceメールなどの有料サービス。「広告モデルはあまり現実的ではない」とJackson氏。今後も無償アプリケーションとして提供し、有料サービスで収益を得るモデルを維持するとした。一方、無償アプリケーションで指摘される信頼性、セキュリティ、トレーニングなどの問題については、Jackson氏は「深刻な懸念ではない」とした。

 「たしかにQoSはない。だが、動いている。ユーザー数が多いソフトウェアはバグも少ない。問題があれば、ユーザーがレポートしてくれる。Skypeはさまざまな環境でテストされている」(Jackson氏)

 Jackson氏は最後に、生産性の向上、コストの削減、コンバージェンス(通信の融合)によるメリットを受けられる点などの長所を強調し、「Skypeの戦略は、ビジネスの性質を根本的に変えるものだ。まずは使ってみるべき」とSkypeを売り込んだ。

SkypeのMichael Jackson氏 「Skypeがあらゆるところで利用される。これが理想だ」と話すSkypeのMichael Jackson氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化