編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NECグループ、国内PLC事業参入を発表--「今後5年で200億円規模に」

ニューズフロント

2006-10-03 11:56

 NECと同社グループのNECネッツエスアイ、東洋ネットワークシステムズ(TNSi)の3社は10月2日、国内で電力線通信(PLC:Power Line Communication)事業に参入し、関連製品の開発とインテグレーション事業に取り組む計画を発表した。

 具体的には、家庭用のPLC対応VoIPアダプタや、データ通信/通話/映像配信を同時に行うトリプルプレイ対応セットトップボックスなどを開発し、通信事業者に提供していく。また、企業向けのPLC対応イーサネットアダプタを開発し、TNSiブランドで11月から販売する予定。

 サービス面では、企業を対象として、有線および無線LANとPLCを組み合わせたネットワーク環境の設計/構築/保守サービス事業を展開する。「音声やデータ、映像などを融合する次世代の企業コミニュケーションスタイルであるユニファイドコミニュケーション実現のため、『トリプルプレイ×トリプルワイヤリング(3X3)』をコンセプトに、コンサルティングから、設計、構築、保守までのワンストップソリューションを提供する」(3社)

 3社では、「NECグループとして、国内PLC関連事業を今後5年間で200億円規模に成長させたい」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]