編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

セイコーエプソンとマイクロソフト、特許権のクロスライセンス契約を締結

吉澤亨史

2006-11-15 20:09

 セイコーエプソンとMicrosoftは11月14日、互いが保有する特許権の実施権を許諾し合い、その利用を促進するためのクロスライセンス契約を締結したと発表した。

 今回のクロスライセンス契約は、セイコーエプソンとMicrosoftそれぞれが自社の製品範囲を拡大し、より包括的かつコストパフォーマンスの高い製品を提供できるようにすることを目的としたもの。なお、契約の具体的な内容は開示されていない。

 契約締結によって、セイコーエプソンとMicrosoftの従来からの長期的な協力関係が強化された。これにより、家電製品や産業用電子機器の多くの分野で、両社間の特許技術の交換および製品やテクノロジへの実装がさらに促進されるとしている。

 セイコーエプソンの業務執行役員兼知的財産本部長である上柳雅誉氏は、知的財産の保護、なかでも特許権の不正使用の問題への対策を世界規模で強化できるものと期待していると述べている。

 また、Microsoftの副社長兼副ゼネラルカウンシル(次席顧問弁護士)であるMarshall Phelps氏は、「当社の重要な業界パートナーであるエプソンと当社が知的財産を共有し合うことにより、両社それぞれの革新技術をより多くのお客様に提供できる」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]