編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

マイクロソフト、.NET FrameworkのCLIがJIS規格として公示されたと発表

WebBCN (BCN)

2006-11-22 10:59

 マイクロソフト日本法人は、「Microsoft.NET Framework(.NET Framework)」の基本仕様を国際標準とした共通言語基盤(CLI)が、日本工業規格(JIS)の「X3016」として公示されたと発表した。

 CLIは、.NET Frameworkの基本仕様で、アプリケーションを開発、展開、動作用の言語基盤アーキテクチャとアセンブラの仕様。ISO/IEC 23271標準規格で、JIS X3016はその国際標準と一致する規格となる。

 JIS標準になったことで、Windows以外のOSで、プログラミング言語非依存のアプリケーション実行環境の実装、それらのプラットフォームと Windowsとの相互運用性、COBOLなどの各種プログラミング言語の.NET Framework対応が日本で進むことを同社は期待している。

 CLIの実装例として、同社はCLIのソースコードをMicrosoft Shared Source Initiativeのもとに公開。開発者はこのソースコードを参考に、Windowsプラットフォーム以外のOSプラットフォームで実装することができる。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
マイクロソフトコーポレーション
「.NET Framework」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]