戸田建設、ビック東海のメールASP型サービス「OneOffice Mail Solutin Uシリーズ」を採用

CNET Japan Staff

2006-11-23 03:20

 ビック東海は11月21日、大手ゼネコンの戸田建設が統合型メールASP型サービス「OneOffice Mail Solution Uシリーズ」の採用を決め、第1号のユーザー企業となったことを発表した。

 Uシリーズは、ビック東海が戸田建設の要望を受け、無停止型サーバによる専用の統合型メールASP型サービスを提供したことをきっかけに、2006年10月から正式にラインアップされたサービス。

 戸田建設は、専用サーバに独自の環境を構築し、自由にメール設定ができることに加え、運用管理・サポートをアウトソーシングできるため少人数での運用・管理に適していること、スパム対策、フィルタリング、アーカイブ、グループメールなどの機能を付加でき、低コストでセキュリティレベルが高められること、さらに高速・無停止で安心して対応できることがを評価し、採用した。

 戸田建設で使用しているメールアカウント数は約5000件で、送受信数は頭打ち状態にあるものの、図面やデジタルカメラで撮影した画像の画素数、点数の増加に伴って添付ファイルが大容量化している。

 年間のメールの総容量は数テラバイトを突破し、なお増え続けている。また、送信メールフィルタリングなどでシステムが受ける負担が大きく、障害への十分な対策が欠かせなかった。

 ビック東海のOneOffice Mail Solutionは、2005年3月にリリースした企業向けの統合型メールASP型サービス。大容量メールボックスとウイルス対策機能を持つ「OneOffice Mail」、メールの全件保管や添付ファイルも含めた全文検索ができるメール保存システム「OneOffice Mail Storage」、スパム対策機能を提供する「OneOffice Mail SPAM Filtering」の3つで構成されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]