編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

IIJ、企業向け電子メール運用サービスにメール保存や検索機能を追加

ニューズフロント

2006-02-16 15:44

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月16日、企業向け電子メール運用サービス「IIJ Mailゲートウェイサービス」に、メールの保管や検索昨日などのオプションを追加すると発表した。2月28日から提供を始める。

 IIJによると、日本版SOX法の制定を前に、自主監査の際の証拠としてメールアーカイブの重要性が増しているが、保管用ストレージの導入、運用は企業にとって大きな負担になる。IIJはこれを受け、メール運用サービスの顧客向けに、新たなオプション機能の提供を決めたという。

 顧客が送信および受信したメールを、IIJのデータセンターが自動的に保管。ウェブ上でメールの検索や閲覧、ダウンロード、削除をする機能を提供する。日付や送信元、宛て先、件名、添付ファイルの有無といった条件で検索ができる。

 オプション機能の月額基本料金は税別40万円。標準で10Gバイト分のメールを保管する。また10Gバイトあたり税別20万円の追加料金で、保管容量の増加を受け付ける。最大保管容量は、メール運用サービス1契約につき200Gバイト。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]