第3回:WindowsマシンにSolarisをインストール、Vistaは……--Solaris 10で行こう!

福田昌弘 2006年11月30日 22時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでの連載を読み、手持ちのマシンにSolaris 10をインストールしてみようかと思った読者がひとりでもいてくれれば、筆者個人としてはとてもうれしい。また、興味はあるが、余分なマシンがないためSolaris 10のインストールをためらっている読者もいるだろう。

 今回は、そんなあと一歩が踏み出せずにいる読者のために、現在使用中のWindowsマシンにSolaris 10を追加してデュアルブートする方法を示そう。

まずマシンの互換性を確認

 使用中のWindowsマシンにSolaris 10をインストールするときには、まず最初にそのマシンがSolaris 10のシステム要件を満たしていることを確認する。x64/x86版のSolaris 10では、次の環境がインストール対象として推奨されている。

  • メモリ:512MB以上
  • プロセッサ:500MHz以上
  • ハードディスク空き容量:10GB以上

 また、Solaris 10に限らずLinuxなどの新たなオペレーティングシステムをインストールするときには、必ずビデオボードやネットワークボードなどの各種デバイスの互換性も確認しておくべきだ。

 サン・マイクロシステムズでは、各種デバイスとSolaris 10の互換性をチェックするためのツールをウェブサイト上で提供している。このチェックツールをダウンロードしてCD-Rなどに書き込むことで、デバイスの互換性を容易に確認できる。

 実際にチェックツールを書き込んだCD-Rでマシンを再起動すると、次のような結果を得ることができる。この結果で右端の2列、“Solaris Driver:”の“32BIT”か“64BIT”の欄が“Y”であれば、そのデバイスはSolaris 10でも動作する。

デバイス互換性チェックの結果 デバイス互換性チェックの結果。

専用パーティションを用意

 マシンのスペックやデバイスの互換性を確認したら、次はSolaris 10のインストール先を決める。StarSuite 7での個人データやブラウザでのダウンロードデータなどはブートディスク以外の場所に収めることもできるが、Solaris 10の基本ソフトウェアやスワップ領域はブートディスクに収める必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化