編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NEC、NGN対応TDM/RPRハイブリッド多重化装置を発売--通信速度は40Gbps

ニューズフロント

2006-12-03 19:32

 NECは12月1日、次世代ネットワーク(NGN)対応TDM(時分割多重)/RPR(リング型パケット転送)ハイブリッド多重化装置「SpectralWave UN5000」の国内販売を開始した。価格は1000万円からとする。

 SpectralWave UN5000は、TDMとパケット転送を混在させた状態で、通信速度40Gbpsのネットワークを構築できる。通信容量10GbpsのRPR機能と、光ネットワークルーティング機能GMPLSにより、信頼性の高いネットワーク構築が可能という。容量320Gbpsのクロスコネクト機能を搭載し、大規模トラフィックにも対応する。

 高密度実装技術を適用し、筐体の体積を従来製品の4分の1に小型化した。消費電力は、約半分に減らした。

 海外では2006年8月より販売しており、ロシアRostelecomとタイAdvanced Info Service(AIS)がSpectralWave UN5000ベースのシステム構築を進めている。

 NECは、今後3年間で、6000システムの販売を目指す。

UN5000 TDMとRPRのハイブリッド多重化装置SpectralWave UN5000

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]