編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Skype3ベータ版をテストドライブ--ビジネス用途でも大丈夫? - (page 3)

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有

2006-12-05 12:35

 Skypeの最新バージョンであるSkype 3.0(ベータ版)は、ビジネスユース顧客を惹きつけるという目標に向けて順調に進んでいるようにみえる。実際のところ同社は、Microsoft Windows Installer(MSI)パッケージを用いてネットワーク上の複数マシンに簡単に展開できる企業向けのバージョンを売りにしている。このバージョンでは、Business Control Panelを用いて、複数のアカウントを企業として一括管理することができる。また、管理者はSkypeの電話番号とボイスメールをユーザーに割り当てることができる(本稿執筆時点において、Skype 3.0ベータ版の企業向けバージョンのビルド番号は3.0.32.123であり、消費者向け版のビルド番号は3.0.0.106となっている)。

 オプションとして、ウェブサイト上に記載されている一般の電話番号に、クリック1つで電話をかけることのできる機能をインストールすることができる。この他にも、Skypeをより生産的なものにするために、以下のようなアドオンもインストール可能となっている。

  • Pamela--留守電機能やスケジュール管理機能などの秘書機能
  • TalkandWrite--音声とビデオを利用できるホワイトボードアプリケーション
  • Skylook--Skype通話の録音、SMSアラートの受信、ボイスメールの電子メール受信ボックスへの格納、Microsoft Outlookリマインダの電話による通知といった拡張機能
  • Sky-click--ウェブベースのコールセンター
  • Transclick--チャットメッセージ用の翻訳プラグイン

Skypeの使用感

 筆者が前回Skypeを試したのは数年前のことであり、その際にはそれほど感心することはなかった。音質はあまり良くなかったし、信頼性の高い通話はできなかった(T-1インターネット接続を使用)。このような経験をしていたため、Skype 3.0をダウンロード、インストールした際には期待外れに終わることを覚悟していた。

 しかし、うれしいことにわたしの覚悟は無駄になった。14Mバイト近いダウンロードは小さいとは言えないが、インストールはスムーズにいき、数分しかかからなかった。音質は、15Mbpsの光ファイバ接続では固定電話とそん色なく、Lingo VoIPや携帯電話よりも優っていた。

 Skype 3.0の消費者向けバージョンと企業向けバージョンの違いとして気付いた点として、前者は連絡先リストをOutlookから自動的にインポートしたが、後者はしなかったということがある。とはいえ、コンタクトメニューからインポートオプションを選択することで簡単にインポートできた。

 SkypeInの機能を試すためにサインアップしたところ、わたしが選択した番号は10分以内にアクティベートされた。あなたのエリアの特定番号を申し込むことが可能でかつ空いていれば、Skypeはその番号をあなたに割り当ててくれる。もしくは、利用可能な番号の一覧から希望する番号を選択することも可能である。

 今回取得した番号に自分の固定電話からすぐに電話をかけ、ボイスメールを残すことができた。また、履歴タブを使えば、受けることのできなかった電話とともに、ボイスメールメッセージを表示させることができるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]