生産性とコンプライアンスを両立--Exchange 2007で躍進を目指すMS

柴田克己(編集部) 2006年12月12日 21時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは12月12日、メッセージングサーバ新製品「Microsoft Exchange Server 2007」の戦略発表会を行った。同製品の開発はすでに完了しており、ボリュームライセンスの提供は12月15日、パッケージ製品の提供は2007年1月30日より順次開始される。

 Exchange Serverは、クライアントとなるOfficeアプリケーション「Outlook」の登場以降、単なるメールサーバとしてではなく、両製品の組み合わせによって最大限に能力を発揮するメッセージベースのコラボレーションプラットフォームとして進化してきた。最新バージョンとなる「2007」の開発に当たって重視されたのは「生産性の向上」「セキュリティ、コンプライアンス」「管理性の向上」の3点だという。

 生産性の向上については、先ごろ企業向けの提供が開始された「2007 Office System」との親和性の高さに加え、Windows Mobile端末によるリモートアクセス、VoIPシステムとの連携によるユニファイドメッセージング機能などによって実現するという。

 また、昨今、特に企業の要請が高まっているセキュリティやコンプライアンスに対応するための機能として、メール送受信時にメッセージの内容によってルールベースのフィルタリングや転送処理を行う「トランスポートルール」や、ActiveSyncプロトコルを使って紛失したモバイル端末上のデータを消去できる「リモートワイプ」などが追加されている。

MS横井氏 マイクロソフト、インフォメーションワーカービジネス本部本部長の横井伸好氏。

 新バージョンでは、動作プラットフォームがインテル64(EM64T)やAMD64などのx64アーキテクチャベースのシステムとなっている。「企業のメッセージングシステムに対する依存度はますます高まっており、もはやミッションクリティカルなシステムと言える。Exchange Server 2007では、64ビットプラットフォームへの対応により、より高い可用性、安定性を実現できる」(マイクロソフト、インフォメーションワーカービジネス本部本部長の横井伸好氏)という。

 発表会には、パートナー企業の代表として、W-ZERO3を利用した企業向けソリューションやExchangeのホスティングサービス「Access P-BERRY」を提供しているウィルコム、Exchangeの導入支援やサポートサービスを提供している大塚商会、ストレージシステム「ETERNUS」とExchangeを組み合わせた災害対策ソリューションなどを提供している富士通、加えて64ビットアーキテクチャのサーバ向けプロセッサを提供するインテルの代表者が招かれ、新バージョンの発表に対して祝辞を述べるとともに、新製品をベースとしたソリューション提供にコミットした。

 マイクロソフトでは、Exchange Server 2007の発売に合わせ、旧バージョンのExchangeユーザーおよびIBMのLotus Notes/Dominoユーザーの新バージョンへの移行を促すことを目的とした「Exchange Server Thank You No.1キャンペーン」を実施する。

 これは、2006年12月12日から2007年6月29日までのキャンペーン期間中に、Exchange 2007へアップグレードしたユーザー企業に先着で1000台の「W-ZERO3[es]」を提供するほか、Notes/DominoからExchangeへ移行したユーザーに、先着でx64サーバーマシン100台、Exchangeのホスティングサービスに新規加入したユーザーに1カ月間の無料使用権を提供するというもの。

 「Thank You No.1」というキャンペーン名称は、「国内統合コラボレーティブアプリケーション市場」におけるIDC Japanの調査で、Exchange Serverが2年連続マーケットシェア1位を獲得したことに由来するものといい、新バージョンの投入により、さらなる躍進を目指すための販売促進策という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算