編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Windows Vista、ついに登場--OfficeやExchangeも同時発表

藤本京子(編集部)

2006-11-30 12:01

 マイクロソフトは11月30日、最新OSの「Microsoft Windows Vista」と、「2007 Microsoft Office system」、「Exchange Server 2007」を、「マイクロソフト ボリュームライセンス」を通じて法人および企業向けに提供すると発表した。これらの製品は、全世界にて30日付けで同時に発表される。

 Windows Vistaと2007 Office systemは同日提供を開始し、Exchange Server 2007は12月中旬に提供開始する。ボリュームライセンス以外のパッケージ製品や、PCへのプリインストールなどでの製品提供開始は、2007年1月30日を予定している。

 今回ボリュームライセンスを通じて提供するWindows Vistaは、Windows Vista Business、Windows Vista Enterprise、Windows Vista Ultimateの3エディション。このうち、EnterpriseとUltimateは、同社の提供するソフトウェアメンテナンスプログラム「Software Assurance」を購入したユーザーのみに提供される。

 日本ではすでに、開発段階からの早期製品評価を通じ、57の法人や企業が今回発表された製品を採用すると表明している。早期採用および導入予定の企業には、NECやシャープ、日本ヒューレット・パッカードなどのIT企業のほか、カゴメ、黒田製作所、持田製薬、理化学研究所なども含まれる。マイクロソフトでは、「この数字は、前バージョンのWindows XP、Office 2003、Exchange Server 2003の提供開始時と比較して5倍以上の早期採用表明企業数だ」としている。

 マイクロソフトでは、全世界で500万以上、日本でも100万以上のユーザーにこれらの製品のベータ版を配布した。その結果得たフィードバックは10億以上に上るという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]