編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

タワーレコード、ナップスターでアラクサラのギガビットルータ/スイッチ採用

CNET Japan Staff

2006-12-21 21:40

 アラクサラネットワークスはこのほど、同社のギガビットルータ/スイッチ「AX」シリーズがタワーレコードの音楽配信サービスシステム「ナップスター」に採用され、稼動を開始したことを発表した。

 ナップスターは、タワーレコードのグループ会社であるナップスタージャパンを通じて提供される音楽コンテンツ配信サービス。今回アラクサラ製品が採用されたのは、コンテンツ配信ためのデータセンター部分で、シャーシ型コンパクト・ギガビットルータ「AX7702」、およびBOX型コンパクトギガビットマルチレイヤースイッチ「AX3630S」が採用された。

 タワーレコードでは、ナップスターの開始にあたって、「サービスの品質を確保しつつ、今後予想される加入者の増加に柔軟に対応できること」、「ダウンタイムを極小化すること」「将来のサービス拡充に対応できるスケーラビリティを備えていること」などを重視しており、アラクサラ製品の以下の特長を評価して採用した。

  • 回線速度最大限に活用でき、マルチメディアデータに対応可能なパケット中継性能
  • マルチISP接続に対応し、回線障害時に瞬時の回線切り替えが可能
  • 将来のサービス拡充に対応可能な10Gインタフェース装備
  • 販売パートナー、アラクサラが一体となった製品サポート

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]