編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

第7回:続ブログサイトを立ち上げる--Solaris 10で行こう! - (page 3)

福田昌弘

2006-12-29 11:52

Movable Typeへアクセス

 これで必要な設定はすべて終了した。次に、Movable Typeの動作環境を確認するために、ウェブブラウザを使って“http://localhost/mt/mt-check.cgi”にアクセスする。

動作環境の確認 動作環境の確認。

 このWebページに問題が表示されていなければ、“http://localhost/mt”にアクセスする。このURLに初めてアクセスしたときには、次のようなWebページが表示される。

ログインページ ログインページ。

 ここで“ログイン”をクリックすると、Movable Typeのシステム管理者を登録するWebページが表示される。

システム管理者の登録 システム管理者の登録。

 ここで[ログイン名]や[パスワード]などに適切な値を設定して[インストールを続行]ボタンをクリックすると、データベースが初期化されMovable Type関係のデータがインストールされる。そして、データのインストールを終えたら、Movable Typeのログイン画面を表示する。

ログイン画面 ログイン画面。

 この画面からログインすることで、Movable Typeの[メインメニュー]ページが表示される。

Movable Typeの[メインメニュー]ページ Movable Typeの[メインメニュー]ページ。

 Movable Typeのインストール、httpd.confの変更、MySQLの設定、Perlモジュールのインストール、Movable Typeの設定、と作業内容が多岐に渡ったが、なんとかブログサイトを構築する用意は整った。この後は、Movable Typeのマニュアルを見ながら順に作業していくことで、Solaris 10でブログサイトを運営でき情報を発信できる。これまでの苦労は、もうすぐきっと報われる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]