IDC:「Vistaの企業向け販売は予想以上」

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月12日 13時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Windows Vista」を企業向けに発売し、その発売月の売り上げが予想を上回るものだったことが、NPD Groupの発表したレポートで明らかになった。

 NPD Groupが米国時間1月11日に明らかにしたところによると、Vistaの売り上げは「Windows 2000」の発売月の数字を上回り、「Windows XP」のときを若干下回る程度だったという。12月のVistaの売上は、2000年3月のWindows 2000発売月の数字を62.5%上回った。しかし、これはWindows XPが2001年11月の発売月に記録した数字を3.7%下回っている。

 さらにNPDは、Vistaの平均価格がWindows 2000より約4%高く、Windows XPとほぼ同額だったことも明らかにしている。

 NPDのアナリストChris Swenson氏は電子メールでインタビューに答え、「この結果は『堅調』あるいは少なくとも『予想以上』と言えるものだと思う。Vistaの発売後最初の1カ月の売上はXPのときをやや下回ったが、Microsoftが企業向けに絞った『スロースタート』のアプローチを取って同OSを投入したことを考慮すれば、12月の結果は見事だと思う」と語った。

 Swenson氏によると、この数字は、SoftMart、Software Spectrum、およびCompuComなどの販売代理店経由で、企業に間接的に販売された米国向けライセンス数を集計したものだという。NPDでは、Microsoftから直接ライセンスされたものは集計していない。Vistaは11月末に企業向けに発売されており、2007年1月末以降は一般向けに新しいPCへの搭載や店頭販売が始まる。

 そして、消費者向けの発売時には大々的なマーケティング活動が展開され、企業向けVistaの売り上げがWindows XPの数字を徐々に上回るようになるはずだ。

 「Microsoftが1月30日にVistaを一般向けに発売し、マーケティングキャンペーンを展開していけば、商業チャネルでのVistaの売り上げはいずれXPの数字に達するか、それを上回るものになるだろう」とSwenson氏は語っている。

 Vistaを巡っては、企業がどれだけ早く新OSに移行するかが1つの重要な問題になる。Microsoftでは、ビジネスユーザー数はVistaの発売後1年でWindows XP発売後1年の倍に達する予想だという。

 Microsoftはその台数については正確な数字を示さなかった。ただ、発売後1年でビジネスPCの約10%がWindows XPを導入していたとする調査会社IDCの数字を挙げた。一方、Vistaを導入する企業が1年以内に20%に達するとは思えないと、IDCでは述べている。

 Microsoftが自社の目標を達成できるかどうかを大きく左右する要因の1つが、2007年の新しいコンピュータの売上ペースだ。Microsoftは先ごろ、ノートPCやデスクトップPC向けにWindowsを販売する部門の売上は、その80%を新しいPCが占めている、と指摘している。

 「商業チャネル向けのソフトウェアの売り上げは今後の企業の動向を見る指標にはなる。だが、ビジネスにおける新OSの成功を予測する際に本当に重要なのは、商業チャネルにおける今後数カ月のPCの売上を見ることだ」とSwenson氏は語っている。

「Ultimate Edition」の人気

 Swenson氏の指摘によると、「Windows Vista Ultimate Edition」を選ぶ企業は多くないという。この最上位バージョンが消費者を主なターゲットにしていることを考えれば、それもさほど驚くことではない。

 しかし同氏は、「小規模企業が新OSで最も魅力的な『BitLocker』機能を試すにはUltimateを購入するしかない」ことも指摘する。「BitLockerは、Appleの『FileVault』のようにOSのボリューム全体を暗号化する新しいセキュリティ機能」だという。

 BitLockerは「Windows Vista Enterprise Edition」でも利用可能だが、ボリュームライセンスのみの販売となっている。そのため、小規模企業の大部分では選択肢とならない。

 「MicrosoftがUltimateを小規模企業やそのほかの機関に積極的にマーケティングしていくとすれば、商業チャネルでも徐々にUltimateの売り上げが伸びるかもしれない」(Swenson氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化