Windows Vista移行計画:10の鉄則でしっかり準備

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2007年01月16日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows Vistaが企業向けにリリースされた。しかし、現在のところVistaの採用計画は企業によって大きく異なる。積極的に移行計画を立てている企業もある一方で、模様眺めのスタンスを保っている企業もある。Vistaへと一気に移行する前に考慮しておくべきことを以下に挙げてみたい。

#1:マシンはVistaのハードウェア要件を満たしているか

 Vistaはハードウェア要件が大変高いことで知られている。悪評と呼ぶ方が適切かもしれないが。確かに、最小システム構成要件はWindowsオペレーティングシステムとしては最も厳しい。

 実際のところ、ハードウェア要件には2種類ある。1つは動作要件となる「Windows Vista Capable(Windows Vista対応)」で、もう1つは「Windows Vista Premium Ready(Windows Vistaプレミアム対応)」というものである。「Premium Ready」の要件が1GHzのプロセッサ、1Gバイトのシステムメモリ、高性能のビデオカードとなっているのに対して、「Capable」の要件はそれよりも少し容易に(かつ低価格で)達成可能な内容だ。Vistaのユーザーインターフェース「Aero」や「Aero Glass」によって提供される機能は見た目としてはクールだが、大半のビジネスアプリケーションには本当に必要なものとはいえないだろう。

 あなたの企業のすべてのワークステーションをVistaにアップグレードする計画を立て始める前に、Microsoftのウェブサイト「Windows Vista Enterprise Hardware Planning Guidance」で正確なシステム要件を確認するとよい。

#2:Vistaのどのエディションが必要なのか

 Windows XPでは、適正なエディションの選択はとてもシンプルである。主なエディションは「Home Edition」「Professional Edition」「Tablet PC Edition」「Media Center Edition」という4つだ。コンピュータをWindowsドメインに参加させる必要がある場合、Home EditionとMedia Center Editionは選択肢から外れる(Media Center Edition 2004はWindowsドメインに参加できたが、Media Center Edition 2005は参加できない)。また、タブレットPCにインストールする場合を除き、Tablet PC Editionの出番はない。つまり、ビジネスネットワーク上のシステムのほとんどにおいて、Windows XP Professional Editionが当然の選択肢となる。

 しかし、Vistaでは話がもう少し複雑になってくる。Vistaは5つのエディション「Home Basic」「Home Premium」「Business」「Enterprise」「Ultimate」を展開している。企業ネットワークに接続するマシン上ではHome BasicやHome Premiumを利用したいとは思わないだろうが、Business、Enterprise、Ultimateのいずれのエディションを選択するべきか迷うところかもしれない。

 Business EditionはWindows XPのProfessional Editionに相当し、Enterpriseはそれに「BitLocker Drive Encryption」(エンタープライズ用途のノートPC向けに追加されたセキュリティレイヤ)やアプリケーション互換性ツールSUA(Subsystem for UNIX-based Applications)を加え、多言語サポートを強化したものである。Ultimateは最上位エディションとしてMedia Centerを含むすべてのエディションの全機能を備えているが、あなたの会社のPCに必要でない機能も含まれているかもしれない。各エディションについての詳細はMicrosoftのウェブページを参照されたい(日本法人による関連情報はこちらで得ることができる)。

#3:Vistaのライセンス体系はわかっているか

 Microsoftは、Vistaにおいて「Microsoft Software Assurance」か「Microsoft Enterprise Agreement」を契約している顧客にのみ販売するエディションとしてEnterprise Editionを追加している。

 選択肢としては他に「Windows Anytime Upgrade」プログラムがあり、これは小規模企業であれば検討する価値があるかもしれない。同プログラムを採用すれば、Vistaのエディションを後からアップグレードできるようになる(例えば、Home BasicエディションをHome Premiumエディションに、あるいはBusinessエディションをUltimateエディションにアップグレードすることが可能だ)。

#4:アプリケーションの互換性は確実にとれるか

 業務遂行上最も重要となるのは、オペレーティングシステムではなくアプリケーションだ。新しいオペレーティングシステムを展開するうえで考慮すべき重要な点として、業務に欠かせないプログラムが問題なく動作することの確認が挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化