編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

グーグルのクリス・ディボナ氏:「われわれはプロプライエタリソフトも重視している」 - (page 3)

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-17 08:00

--オープンソースとクローズドソースが混在することについてどう思いますか。Googleはソースミックスの好例かもしれません。

 確かにGoogleでは両者が共存しています。社内では、オープンソースベースのディストリビューションの上で多くのソフトウェアが動いています。その中には公開予定のないものもたくさんあります。

--SunがJavaをオープンソース化しました。この決定はGoogleに影響を与えますか。

 Javaはかなり使っていますから、オープンソース化はよいニュースです。これはSunにとって、非常によい決断だったと思います。Googleにとっては--ソフトウェアの提供方法やGoogle.comでの見せ方に関する限り、Javaがオープンソースかどうかはあまり関係ありません。それでも、SunがJavaをオープンソース化したことは歓迎しています。

--柔軟性が増しますか。

 もちろん、柔軟性は増します。Javaにバグを発見したら、以前はとても大変でした。Sunと特別な契約を結んでいなければ、自分たちのJavaにパッチを当てることもできませんでした。われわれはそのような契約を結んでいましたが、今ではSun自身を通して、こうしたパッチをはるかに簡単に提供できますし、望むなら、コミュニティに提供することもできます。

--オープンソースの大きな利点は何だと思いますか。

 当社にとっては柔軟さに尽きます。オープンソースソフトウェアのすばらしいところは、誰の許可も得ずにオペレーティングシステムに変更を加えられることです。誰の許可も得ずにデータベースに変更を加えられることです。クライアントごとにライセンス料金を支払う必要もありません。これはコスト削減の面だけでなく、柔軟性やスピードの面でも非常に重要です。

 コンピュータで好きなことができるというのは、すばらしいことです。敵であれ、味方であれ、われわれをとめようとする人は誰もいません。これはすごいことです。この点に、もっと多くの企業が気がついてほしいと思います。ソフトウェアを所有するためには、取得金額をはるかに上回るコストがかかります。ソフトウェアを購入する時は信頼できる相手を選ばなければなりません。相手はこちらを知っており、ビジネスを減速させることもできるからです。パートナーは慎重に選ぶ必要があります。オープンソースのよいところは、自分が自分のパートナーになれることです。

--しかし、Googleもプロプライエタリなコードは大切にしていますね。企業秘密を維持することは重要ですか。

 もちろんです! ランク機能は絶対に公開できません。これは「隠蔽によるセキュリティ(security through obscurity)」とか、その手の妄言とは違います。これらのテクニックそのものが戦いの一部なのです。暗号自体を公開するのではなく、暗号キーを公開することに近いと言えるかもしれません。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]