編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

サイボウズ、勤務年数と勤怠だけで評価する人事制度「年功重視型」を開始

WebBCN (BCN)

2007-02-05 11:43

 サイボウズ(青野慶久社長)は、2月1日から新しい人事制度「年功重視型制 度」の運用を開始したと発表した。

 「年功重視型制度」は、勤務年数や日々の勤怠から社員を評価する人事制度。 基本的に個人の業務成果は査定しない。個人の成果を評価する「成果重視型制 度」ほど、大幅な昇給はないが、真面目に勤務すれば、安定して昇給できるの がメリット。賞与については、「成果重視型制度」は会社の業績が関係するが、 「年功重視型制度」では会社の業績とは関係なく、社員個人の勤怠評価に連動 して決定する。

 今回の制度の導入で、社員は自分の生活設計に合わせて、「成果重視型制度」 と「年功重視型制度」を自由に選択できる。個人や会社の成長のため仕事に熱 中したい場合は「成果重視型制度」、働く時間を制限して家庭やプライベート に時間を費やしたい場合には「年功重視型制度」といった働き方ができる。

 サイボウズは、これまでにも、最長6年間休業可能な「育児休業」や「介護 休業」、社員が希望した場合に自由に適用可能な「育児短時間勤務」や「介護 短時間勤務」などの制度を06年7月から導入してきた。今回、制度に対する社 員の意見などを取り入れ、さらに働きやすい環境の整備を目指し、新人事制度 を導入することにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]