編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

セールスフォース、ExcelでSalesforceを操作できるサービス--AppExchangeで提供

ニューズフロント

2007-02-05 21:06

 セールスフォース・ドットコムとvow.comは2月5日、オンデマンド顧客管理(CRM)サービス「Salesforce」とMicrosoft Excelを連携させる製品「ObjectIN for AppExchange」の提供を開始した。税込み月額価格は、1ライセンス当たり3150円とする。

 ObjectIN for AppExchangeは、オンデマンドアプリケーションのプラットフォームである「AppExchange」で提供される、Salesforceの「Enterprise Edition」向けのサービスだ。ユーザーインターフェースとしてExcelを採用し、Salesforceのデータベース更新や情報検索などをExcelから操作できる。動作環境はWindows XP Professional、SMXML Parser 6.0、Microsoft .NetFrameWorks 2.0、Microsoft IIS 5.0、Microsoft Excel 2000以上となっている。

 SalesforceからExcelシートへのデータ自動取り込みも可能で、セールスフォースでは「見積書、営業報告書、営業指標グラフなどの定型書類を作成しやすくなる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]