Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その3:ツールを使ってものづくりを実践

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院) 2007年03月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回より続く)

 「私、結婚したの」という彼女の言葉に対し、私はあからさまにがっかりした顔をしていたらしく、彼女はあわてて修正した。

 「ちょっと、本気にしないでね。あくまでもSecond Lifeっていう、仮想空間の中での話よ。紳士的にいろいろと親切に教えてくれる人がいて、熱烈にプロポーズされたから結婚しちゃった」

 よくわからないが、現実の話じゃなさそうだ……

 「Second Lifeでのバーチャルな自分っていうのは、 『アバター』って言うんだけど、アバター同士が結婚できるって面白いよね。それだけSecond Lifeは自由度が高い世界ってことのようね」

 そう言ったあと、彼女は面白い事実を話し始めた。それはまさに私が必要としている情報だった。

 「Second Lifeの中では、いろいろな『もの』を作ることができるらしいの。その人にいろいろ教えてもらったのよ。Second Lifeでものを作る秘訣を……」

Second Lifeでのものづくりとは

 Second Lifeでのものづくりは独特だ。まず、普通の3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)ソフトで作ったデータはインポートできない。つまり、「3D Studio Max」や「Maya」などで作った3次元データをSecond Lifeに持ち込むことはできないのだ。イメージやサウンド、モーションデータなどはアップロードしてSecond Life内に持ち込み可能だが、ものづくり技術はあくまでSecond Life内でビルドツールの操作方法を覚えるしかないのだ。この点では、スタート地点はみな同じだ。そして、その中でスキルを高め、ビルや家、アバターなど、あらゆるものを制作するのだが、限定条件がある。それが「プリム」数だ。

Bike 図1: 19プリムで構成されたバイク

 プリムとは「プリミティブ」の略で、原型という意味を持つ。つまり、のような四角いボックス、球体、円柱など、いくつかの原型立体を組み合わせて全体をリンクし、1つのモノ(オブジェクト)をつくるのだ。例えば、図1のようなバイクであれば、1つ1つのプリムが合わさって、19プリムで構成される。それに対し、Adidasで買ってきたバーチャルな靴(http://slurl.com/secondlife/adidas/103/108/22)などは、とても精細なプリムがたくさん組み合わさっており、219ものプリム数で1つのオブジェクトが構成される。

 なぜプリム数にこだわるのか。それは1つの島に配置できるプリム数が全体で1万5000プリムと、上限が決まっているからだ。つまり、例えば自分が1つの島を持っていた場合、島全体を設計し、そのエリアによってそれぞれの建物を制作するわけだが、重要度やデザインの見せ方によって、その限られた1万5000というプリム数を適切に配分しなければならない。建物Aには300プリム、建物Bには400プリムというように。島の場合には比較的調整が簡単だが、例えば、区画をレンタルする場合を考えてみるとどうだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]