シマンテックのウイルスソフト、「ヤフーメールにウイルス」と誤検出

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月01日 12時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooのメールサービスがコンピュータウイルスに感染した、とSymantecのソフトウェアが誤って警告を発していたことが明らかになった。

 米国時間2月27日のある時点から、Symantecの最新アンチウイルスソフトウェアを実行しているマシンでYahoo Mailの一部ベータサービスにアクセスすると、警告が発せられるようになっていた。警告は、Yahooのウェブページから「Feebs」というワームが検出されたことを報告していた。

 Symantecは28日、この警告は誤りであると発表した。

 Symantec Security ResponseのシニアディレクターVincent Weafer氏は、電子メールによる声明で「Symantecのアンチウイルス製品が(略)Yahoo Mail betaに対し誤検出による警報を出した」と述べた。

 Symantecが製品のウイルス定義を更新したところ、27日夕方から誤検出の報告が寄せられ始めた。Weafer氏によると同社は、同日夕方のうちにウイルス定義を再更新して、誤りの修正をしたという。

 同氏は「対応までの時間が短く、それらの(誤った)ウイルス定義を利用したであろう製品の数が限られるため、誤検出の影響は非常に限定的だと見込んでいる」と述べ、誤った警告を見たユーザから十数件の報告を受け取っていると付け加えた。

 Symantecは事態を楽観しているが、SANS Internet Storm Centerは多くのユーザがSymantecの警告を見たと報告している。あるCNET News.comの読者は、Yahoo Mailが乗っ取られたようだと、電子メールで通知してきた。

 セキュリティソフトウェアは時折このようなミスをするものである。たとえば、MicrosoftのWindows Live OneCareは2006年11月、GoogleのGmailがウイルスに感染していると警告した。2006年前半にMcAfeeのセキュリティツールがExcelをはじめとする正常なアプリケーションをウイルスであると判定し、2006年夏にはSymantecが英国国教会のソフトウェアをスパイウェアに分類した。

 このような誤りは通常、セキュリティソフトのシグネチャファイルを更新することで修正できる。シグネチャとは、セキュリティソフトが悪意あるソフトウェアを判別するのに用いるパターンのことである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化