編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Web 2.0とSOAの重要性は同等――IBMのSOA専門家が著書で啓発(新着ブログより)

ZDNet Japan編集部

2007-03-02 16:27

 IBMに在籍しているSOAの第一人者、Sandy Carter氏が、さまざまな経営思考の基礎となっている概念を踏まえて、企業はなぜ、どのように、どんな場合にSOAを必要とするのかを説く啓発的な良書を物した。

 興味深いのは、同氏が同書の1章をWeb 2.0(wikiやマッシュアップ、コラボレーションなど)に費やしていることだ。「The New Language of Business: SOA & Web 2.0」という本のタイトルからもうかがえる通り、同氏はWeb 2.0を章のテーマどころか、著書全体のモチーフとなり得る存在として重視している。

 Web 2.0の多様な方法論がSOAを推進する取り組みで活用される機会が増えている昨今、こうした姿勢は的を射ていると思う。おそらくは、IBM自身の新たな思考傾向を反映するために、当初はSOAという語句しか使われていなかったタイトルを、Web 2.0が含まれるものに変えたのではないだろうか。

 Carter氏は実際に、SOAとWeb 2.0は同類の技術であると著書で述べ、両者の共通点を際だたせようとしている。技術的に言えば、Web 2.0の標準技術と考えられているRESTやAJAXは、SOAを実現する技術でもある。加えて、どちらの方法論もサービスを生成し、維持するためのものだ。

(全文はこちら--「ZDNet.com SOAブログ」)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]