編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

SugarCRM、プロジェクトプランニング市場へ進出

文:Colin Barker(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-03-20 10:37

 SugarCRM(本社:カリフォルニア州クパチーノ)が、Linuxに対応する初の顧客関係管理(CRM)専門ベンダーとしての地位を確立してから3年後の2007年、プロジェクトプランニング市場に参入してきた。

 同社は米国時間3月19日、核となるCRMアプリケーションにプロジェクトプランニングを統合した「Project Management」アプリケーションを発表した。その重要な機能の1つが「Sugar Projects」で、これはプロジェクト、共有するファイル、ノート、ベンチマークをあらゆる角度から見せるほか、インターネットユーザーと顧客のコラボレーションも実現する。そのほか、プロジェクト関連の表、テンプレート、およびグラフを作成する機能もある。

 このニュースに先立ち、同社は先ごろ初の海外進出を果たし、アイルランドにオフィスを開設するとも発表している。

 SugarCRMは正確な価格の詳細を明かしていないが、ほかのすべてのSugarCRMアプリケーション同様に無償バージョンも提供される。同ソフトウェアには上級エディションもあり、これらはアプリケーションサーバのオンサイトライセンス、もしくはオンデマンドサービスの形で提供される。

 SugarCRMの最高経営責任者(CEO)、John Roberts氏によると、ユーザーにとって重要な利点が、SugarCRMには「ほかのCRMベンダーのような過激な営業やマーケティング」がないことだという。その結果、「予算の大半を研究開発に投入できている」と同氏は語っている。

 Roberts氏はさらに、同ソフトウェアはオープンソースではないが、オープンソースのユーザーにとっての利点はすべて備えている、とも加えた。同氏は、「われわれは全く束縛しないが、ほかのサプライヤーにとっては、独自のオンデマンドサービスや独自のソフトウェアをいかに売り続けるかがすべてだ」と語っている。

 現在までのところ、同社は欧州で200社の顧客を抱えており、コアソフトウェアは世界中で150万回ダウンロードされている。Roberts氏によると、ダウンロードされる同ソフトウェアの大半は無償バージョンだが、サブスクリプションバージョンを選ぶ企業がどんどん増えているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]