編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ビジネスブレイン太田昭和、ウェブベースの内部統制支援ソフトパッケージを発売

ニューズフロント

2007-04-27 17:59

 ビジネスブレイン太田昭和(BBS)は4月27日、文書作成支援ツール「IC Document」と内部統制運用管理支援ツール「IC Manager」で構成した内部統制支援ソフトパッケージ製品「ICソリューションシリーズ」の販売を開始していることを発表した。

 同パッケージは、金融商品取引法(日本版SOX法)で求められる内部統制システムの構築を支援する製品。Windows Server 2003またはWindows XPベースのサーバにインストールすれば、ウェブブラウザから利用できる。

 構成要素のうち、IC Documentは業務記述書、リスクコントロールマトリックス(RCM)、業務フローチャート、職務分掌表の作成を支援するツール。BBSでは、「監査法人/公認会計士のコンサルテーションノウハウを組み込んだ」と説明する。価格は200万円(10ユーザー)からとなる。

 もう一方のIC Managerは、運用テストおよび評価フェーズにおいて、内部統制の仕組みの検証などを効率的に支援するツールという。価格は210万円(10ユーザー)から。

 さらに、BBSは、IC Documentで作成した文書データをIC Managerに連携させるツール「IC Docking」も用意する。

 BBSでは、ICソリューションシリーズの販売も含め、2008年3月期に内部統制関連コンサルティングサービスの売上高20億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]