編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

WinHEC 2007がいよいよ開幕へ--今年の目玉は? - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-05-15 11:29

焦点はやはりVista

 Kutz氏は「次期Windowsについては今のところ、開発を進めている、という以上の情報は公開しない。時期がきたら、新しい情報を提供する」と述べた。

 同氏は5月11日にもメッセージを繰り返している。

 同氏は「Vistaの価値や可能性がどれほど大きなものなのか、しっかりと理解して欲しい。そこに最大限の注意を払うのが妥当だ」と述べている。

 Vista最初のサービスパックについても、日程や内容に関する情報を提供しないものと見られる。

 Microsoftの秘密主義は必ずしも完全なものではない。同社はWinHECで、Longhorn Serverの正式名称がWindows Server 2008になることを発表すると見られるが、この名称は5月11日に同社のウェブサイトでうっかりリークしてしまっている。

 WinHECの目玉は、何と言ってもテクニカルフェローMark Russinovich氏の講演である。同氏は、Microsoftが行ったWindowsカーネルの変更やハードウェアメーカーにとってのビジネスチャンスなどを話題にすると見られる。

 Microsoftには先週、喜ばしくないニュースもあった。仮想化ソフトウェア「Viridian」をLonghorn Server発売後半年以内に発売するため、機能をいくつか削減するという発表があったほか、Longhorn Serverのパブリックベータである「beta 3」を4月にリリースし年内に正式版のコードを完成させる予定だと発表していたが、正式リリースは2008年以降になる可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]