編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NetIQ、Active Directory向け管理・監査ツールを出荷--作業効率向上にも

CNET Japan Staff

2007-06-06 09:54

 NetIQは6月5日、WindowsのディレクトリサービスであるActive Directory(AD)の管理と監査を可能にする製品「Directory and Resource Administrator(DRA)」の出荷を開始した。価格は1シートあたり25万6000円。

 DRAは、AD上で使用できる「権限」を300以上に細分化し、業務に必要な最低限の権限を担当者別に付与できる仕組みを提供する。いくつかの権限をあらかじめ「役割」として定義しておけば、複数の担当者に対して容易に権限を委譲できるようになる。

 これらの操作は、監査用のログによって記録される。

 NetIQでは、管理面だけでなく、作業の効率を上げたり、作業ミスを削減したりするといったツールの価値も売り込みたい考えだ。

 ADは、ユーザーのIDやパスワード情報、ユーザーが所属するグループ情報、サーバ、コンピュータ、およびプリンタといった機器の情報、それにExchangeメールのようなサービスの情報など各種重要情報が保管されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]