編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

PostgreSQLは充分成熟--今後必要なのは周辺ツール

鶴田展之(qnote)

2007-06-07 21:21

 5日、日本PostgreSQLユーザ会主催の「PostgreSQLカンファレンス2007」が、秋葉原UDXにおいて開催された。今年は3トラック、計10講演と規模も拡大し、導入企業の事例から技術的な話題まで、非常にバラエティ豊かなイベントとなった。本稿ではその中から、「PostgreSQLの明日はどっちだ?!〜現状と課題と期待〜」と題するパネルディスカッションの模様をレポートしたい。

 パネラーには、日本PostgreSQLユーザ会会長の片岡裕生氏、SRAOSS, Inc.取締役日本支社長の石井達男氏ら、これまでPostgreSQLコミュニティを牽引してきた重鎮に加え、スターロジックCEOの羽生章洋氏、ミュートスCTOの宗近龍一郎氏、さらにPostgreSQL開発コアメンバーJosh Berkus氏も名を連ねるといった豪華な面々。PostgreSQLの最新動向を知る最高の機会とあって、会場には多数のユーザがつめかけた。

 さて、今回のテーマは「現在のPostgreSQLに不足していること」、「今後PostgreSQLに求めること」が中心だった。しかし、PostgreSQLがバージョン8.0以降、機能面・性能面ともに急速な進化を遂げたことを反映してか、ディスカッションも終始和やか、現状に対する大きな不満は殆ど提出されなかった。

 PostgreSQLは、以前から「商用データベースに遜色ない」データベースシステムとして高く評価されてきたが、やはりそこには「オープンソースでありながら」とか、「フリーソフトウェアにも関わらず」といった但し書きが付けられるのが常であった。しかし、十分豊富な機能を持ち、なおかつバージョンアップ毎に性能面の改善が達成されている現状では、もはやこれらの但し書きも不要なほど、PostgreSQLは成熟したと言えるだろう。

 PostgreSQL自体に対する不満が出ない分、周辺の改善に関しては各パネラーや参加者からいくつかの意見が出された。宗近氏は、高可用性を求められる分野への適用には必須となるレプリケーション技術に関して、「例えばSlony-IがPostgreSQL本体に取り込まれると便利」と語る。PostgreSQLにもPGCluster、Slony-I、pgpoolといった優れたレプリケーションのツールがあるが、本体から独立している分、MySQLのレプリケーション機能のような手軽さが無いのは事実だろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]