編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ITIL V3 出版について(2):(新着ブログより)

前田隆(日本CA)

2007-06-29 14:51

 前回は包括的な話でしたが、今回は書籍の内容で、私が特筆すべきことだと思ったことを記述していくことにします。

■ITILのコア・モデル

 V2のジグソー・モデルから“ITIL Core”になりました。

 中心に“Service Strategy”が位置づけられ、これはいろいろなビジネスに対応できるように考慮されたモデルだそうです。戦略自体が、状況や提供業種によって種々あるが、ガイドに従って推進されることが望まれています。この戦略の周りを、「Service Design」「Service Transition」「Service Operation」が囲みながら回ります。その外側を”Continual Service Improvement”が動き続けます。

 ライフサイクルを時系列であらわしたものを、PDCAサイクルと合わせこんだイメージでしょうか。いろんな状況の路面を走る車のタイヤみたいに、いろいろなところに使えるが、その解説書になるのが、ITIL V3の書籍ということでしょうか。

(全文はこちら--「ITIL:インサイドストーリー」)

■関連ブログ

ITIL V3 出版について(1)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]