編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サン、ITIL準拠のリモート監視/運用支援サービスを提供開始--他社環境にも対応

ニューズフロント

2007-04-19 19:50

 サン・マイクロシステムズは4月19日、ITサービス管理/運用に関する国際的ガイドラインIT Infrastructure Library(ITIL)準拠のリモート監視/運用支援サービス「Sun Managed Operations」の提供を開始した。

 同サービスは、サンの製品だけでなく、他社製ハードやOS、各種アプリケーション、ネットワーク機器、ストレージ製品などの遠隔管理/運用が可能。顧客が必要な作業だけを委託できるほか、サービスの内容および範囲をカスタマイズできるため、サンでは「総所有コスト(TCO)の削減と業務クオリティを高いレベルで両立させられる」としている。

 サンは、「リモート監視サービス」「リモート運用サービス」「リモート拡張運用サービス」「セキュリティ運用サービス」という4種類のサービスメニューを用意する。税別価格は、リモート監視サービスが年額150万円(サーバ10ノード)から、リモート運用サービスが750万円(バックアップ運用アウトソーシングを行う場合、サーバ10ノード、外部ストレージ10テラバイト分)からとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]