編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Linuxでゼロから作るメールサーバ--第6話:RHELインストール基本設定

サイオステクノロジー Linuxシステムテクノロジー部

2007-07-10 12:00

 さて、前回は、はやる気持ちをグッと抑えつつ、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のインストール前に済ませておくべき「ユーザー登録」「サポート登録」をやり遂げた赤井君と服部君。先輩の助けを借りつつ、今回はいよいよ、RHELをサーバ機にインストールします。

インストール開始!

赤井(以下:赤):さあ、ご飯も食べたし、インストールを始めよう!

服部(以下:服):そうだな、早速やるか。

先輩:俺は仕事してるから、分からないことがあったら声かけろよ。

赤:はい。なるべく邪魔しないように頑張ります。

服:さあ、始めるぞ。赤井、「インストールCD」の「1」をセットしてくれよ。

赤:あのー……「インストールCD」の「1」が2枚もあるのだけど……。

服:……よく見てくれよ。片方が「32-BIT x86」で、もう片方が「64-BIT AMD64 INTEL EM64T」と書いてあるだろ。

赤:あ! このサーバをもらったとき、先輩が教えてくれたのを思い出したよ。

服:そう。そのとおり。32ビット版と64ビット版というわけだ。今回は折角だし、64-BITでインストールしよう!

(インストールCDの1を挿入……)

赤:あ、なんか出てきたよ。

06_01 インストール方法の選択を促す画面。

服:今回は「graphical mode」でインストールするから、そのまま「Enter」キーを押せばいい。

赤:「Welcome to Red Hat Enterprise Linux ES」という画面が出たよ。

服:よし。このまま「Next」をクリック。

赤:「Language Selection」と「キーボード設定」は日本語を選択……と。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]