編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

Windowsで簡単にRuby on Rails:Instant Rails+Aptana - (page 2)

荒浪一城

2007-07-10 09:00

Aptana IDE

 Ruby on Railsの統合開発環境(IDE)としては前述の通り、Aptana IDEを利用する。

 Ruby on Railsの作者は、デンマークのプログラマーであるDavid Heinemeier Hansson氏(通称DHH)である。DHH氏は、2003年の夏に「37signals」というWebサイトで、プロジェクト管理ツールである「Basecamp」を開発した。その時、内部利用目的用に作成したWebアプリケーションフレームワークが、Ruby on Railsである。その後、2004年7月にRuby on Railsのバージョン0.5をRubyのメーリングリストに公開したことに始まり、コミュニティーの支援を受けて開発され、バージョン1.0は2005年12月にリリースされた。現在の最新バージョンは、2007年3月14日にリリースされた1.2.3である。

 本稿執筆時点での、Aptana IDEのバージョンはMilestone Release 8b(Stable:Build 15637)である。Aptana IDEは、Windows NT4.0/2000/XP/Vista(x86)、Mac OS X(Intel/PPC)、Linuxの各環境向けに用意されている。Aptana IDEは、Eclipseプラグインのバージョンも用意されているが、残念ながらEclipse 3.3(Europa)にはまだ対応しておらず、Eclipse 3.2(Callisto)ベースである。Aptana IDEを起動すると図5や図6のような起動画面が表示される。

図5 起動画面 図5 起動画面

図6 Aptana IDE 図6 Aptana IDE

 早速、Ruby on Railsを体験したいところだが、Aptana IDE(RadRails)のアップデートをしておこう。ヘルプ→ソフトウェア更新→検索およびインストール→インストールする新規フィーチャーを検索にて、図7のように選択しアップデートする。

図7 更新 図7 更新

 Rubyのパスも設定しなければならない。ウィンドウ→設定→Rails→Configurationに、Rails pathとRake pathを図8のように設定する。同じくRuby→Installed Interpretersにも、RubyVMのパスを図9のように設定する。

図8 Railsの設定 図8 Railsの設定

図9 RubyVMの追加 図9 RubyVMの追加

 さて、ここまでで環境が整った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]