編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、仮想化を強化したAIXのベータを一般公開

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-07-13 17:12

 IBMは米国時間7月12日、UNIXサーバ向けOSの「AIX 6」のベータ版をリリースした。正式版の提供は2007年第4四半期中を見込むという。

 AIXを手軽に試してもらうため、IBMは今回初めて、ベータ版をAIX顧客のみではなく誰にでも利用できるようにした。

 IBMによると、AIX 6では仮想化が大幅に強化されており、IBMのプロセッサ「Power6」の性能を十分に活用できるという。

 ソフトウェアをベースとした仮想化機能を利用することで、管理するOSインスタンス(イメージ)の数を削減できる。これにより、単一のサーバ上に作業を統合でき、消費電力効率の面からみても、複数台のサーバを利用して同じ作業を行うよりもエネルギー効率に優れたアプローチといえる。

 また、ユーザーは「IBM System p」サーバ上で「SUSE Linux Enterprise」や「Red Hat Enterprise Linux」を動かすためのパーティションも設定できるという。

 IBMによると、最新版ではサーバの管理機能を改善し、再起動せずにサーバ間でワークロードを移動させることができるようになったという。また、役割ベースのアクセス管理システムにより、管理者はいくつかの管理作業をエンドユーザーに委ねられるという。

 AIX 6は、「Power 4」「PowerPC 970」「Power 5」などIBMの前世代のPowerプロセッサもサポートする。アプリケーションは、「AIX 5.2」と「AIX 5.3」のアプリケーションが動くという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]