日本コムシス、プレゼンスも確認できる社内用顔写真付き電話帳システムを販売

田中好伸(編集部) 2007年07月26日 18時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コムシスは7月26日、社員の顔写真をPCで見ながら在席状況(プレゼンス)、相手先への状態にあわせた連絡方法を確認できる顔写真付き電話帳システム「ビジュアル・コミュニケーション・ガイド」(VCG)を8月から販売することを発表した。

 VCGは、PCに社員の顔写真や氏名のほかにプレゼンスを確認でき、相手への連絡は、席に座っているなら内線電話で、不在ならメールを送るといったように、相手の状態にあった連絡方法を選択できるいう機能を、ユーザーに提供する。

 相手への連絡は顔写真をクリックするだけですむ。相手の名字しか分からなくても、顔写真があることで人違うすることがない。プレゼンスは、PCを立ち上げると同時に表示されることから、ユーザー自らがプレゼンスに関連した操作をする必要がないという。

 また顔写真付きのグループ電話帳が作成可能となっている。グループ電話帳は、作成者だけでなく登録されたグループメンバーで共有できることから、グループメンバーに一斉メールを送付したり、ワンクリックで電話会議を始めたりすることができる。

 メンバー全員のプレゼンスを全員で把握できることで、在席しているメンバーだけで打ち合わせして、不在者には内容をメールで送付するといったことも可能だ。

 VCGついて、同社のIP電話推進部長の相田悦男氏は、「プレゼンスを確認したうえでメールか電話かを選べることで、コミュニケーションの際のストレスを減少できる」という心理的メリットがあると説明。また顔写真で相手を確認できることから「安心感が得られるし、相手のイメージを形成しやすい」というメリットもあるとしている。

 同社はまた、VCGが金銭的にもメリットがあることを強調している。相手の電話番号を探す時間、ワンクリックダイアルで発信手順の簡略化、不在の相手に電話をかけずにすむ時間などを試算して、50人の組織として年間942万円のコスト効果があると説明している。

 VCGは専用サーバ、クライアントソフトなどから構成されているが、日本コムシスが提供するIP電話システム「comsip」と連携できるようになっている。

 すでにcomsipを導入していて、VCGのみを導入する場合の価格(税別)は150万円、comsipとVCGを同時に導入する場合は400万円、既存の構内交換機(PBX)を活用して、VCGを導入する場合は500万円となっている。同社ではVCGの販売目標を年間100セットとしている。

ブラウザを活用して多拠点での会議を開ける「1000人ミーティング」

 また日本コムシスは同日、本社、支店など多拠点から構成される企業で、社員が共通の資料をブラウザを活用して、同時に見ながら、会議ができるシステム「1000人ミーティング」の販売を開始したことを発表した。

 1000人ミーティングは、ブラウザで音声通信をしながら会議の参加者に資料を見せることができるシステム。1つのシステムで最大100台の端末(PCと携帯電話)で、同時に10の会議を進めることができるという。多拠点間で双方向での音声での会議を進められるが、一方向の音声通信、いわば放送型での利用も可能だ。この機能で、たとえば多拠点に対しての全社会や朝礼などを開催することができる。このシステムも、comsipとの連携が可能だ。

 執行役員の小野展義氏によれば、「多拠点に対する一斉連絡は、なかなか正確に情報が伝わらなかったり、伝わるまでに時間がかかったりするという問題が生じやすい。1000人ミーティングを利用すれば、そうした問題をなくすことができる」と、システムがもたらすメリットを説明している。

 また多拠点間での会議は、その都度、どこか一カ所に社員を集めて行わなければならない。そこでは交通費や移動時間がかかることになり、頻繁に会議を開催するということができにくいというのが実情だ。1000人ミーティングは、そうした問題を解決する手段となりうる。

 同社の試算によれば、全社員300人で5拠点、本社での会議に参加する人数が30人というモデルケースでは、1回の本社会議で175万円のコストがかかることになる。1000人ミーティングは、こうしたコストを削減できると説明している。

 1000人ミーティングは専用サーバで構成されるが、価格(税別)は、comsipをすでに導入している場合で200万円、comsipと同時に導入する場合は300万円、既存PBXを併用して部分的に導入する場合が400万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化