unixはC言語で書かれている?不思議?

OKWave 2007年07月31日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unixはC言語で書かれている?不思議?

unix、linuxはC言語で書かれている、と聞いたのですが、不思議なことがあります。

そもそもC言語を書くためにはviとか必要ですしコンパイルするにもccとかgccとか必要ですよね?

viとかccとかを使うには、また、unixが必要な気がします。どうやってunixを作ることができたのでしょうか?

ニワトリと卵みたいですごく不思議なのですが・・

linuxのところで ​http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2246024​ のような質問をしているうちに不思議に思ってきました。

良回答

最初に搭載するプロセッサに合ったアセンブラやそれよりも低級言語でC言語のコンパイラをまず書きます。それからOSを構築していったものと考えられます。私も10年ぐらい前にUnixを使った頃あなたと同じような疑問を持ちましたが、良く分かっている人間からそういう答えをもらいました。確かこのようなことをいったのを聞いたことがあります。

また、現在の例を考えてもらえばわかるのですが、例えばあるコード(ゲーム機など)のソフトなどを開発するためにはWindows上で開発しますよね?

 Source code -> Target machine code
   compile 

ある機械にあったコンパイラを作りそれでシステムを構築するわけです。つまり違うOSでターゲットとなるマシンにあったコンパイラを書き OSやそのAPIを書きアプリケーションを書いていく感じです。どちらも似たような答えですが、いずれかのうちの一つでしょう。他のOSでコンパイラを書き構築したかマシン語をベースにそのマシーンで開発していったかのいずれかと思います。

回答

Cコンパイラーをアセンブラー(又は機械語)で書いたと考えれば判りやすいでしょう。 そのCコンパイラーを使ってUNIXを書くのです。 実際には程度の低いコンパイラーを先に作ってこれを使ってCコンパイラーを作り そのCコンパイラーを使ってUNIXを書く方法もあります。

後者の方法はコンパイラー・コンパイラーと呼ばれる技術分野です。 文字通りコンパイラーを作るためのコンパイラーです。

余談ですが吊り橋にロープを渡す場合、まず細いワイヤーをヘリで渡し 段々太いワイヤーに取り替えて最後にロープを渡すのに似ています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算