MS、シェアードソースライセンスをOSIに提出へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月31日 10時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftでは自社の「シェアードソース」と、これより広く普及するオープンソース運動とを明確に区別してきた。だが今は、オープンソースを啓蒙する組織に対し、自社の成果物に対する正式な認可を求めようとしている。

 Microsoftは先週、O'Reilly's Open Source Conferenceで、同社のシェアードソースライセンスをOpen Source Initiative(OSI)に提出する意向をあきらかにした。同組織は、新しいライセンスが、自ら掲げる基準に合致するかどうかを審査している。だが、オープンソースライセンスの増加が、ソースコード共有時の法的障害を引き起こしているため、OSIはライセンス数の削減に取り組んでいる。

 Microsoftのソースプログラム担当ディレクターJon Rosenberg氏は、この措置をMicrosoftのオープンソースブログ「Port 25」で次のように述べている。「オープンライセンスをOSIの承認プロセスに提出することを決定した。これにより、われわれは本日新たな節目を迎えた。ここでライセンスが承認されれば、自分たちが共有しているコードが真のオープンソースであることに、コミュニティは自信を深められるはずだ」と発表した。

 Microsoftのように規模が大きく、業務内容も多岐にわたる会社が一貫した立場を維持するのは難しいことだ。しかし、オープンソースに関するMicrosoftの方針転換に混乱する人も多いだろう。同社は徐々にオープンソースソフトウェアへの取り組みを強化しているが、その一方でプロプライエタリなソフトウェアの理念を断念する気配は全く見えない。しかし、最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏は2007年に入り、Linux、OpenOffice.orgやそのほかのオープンソースプロジェクトはMicrosoftが保有する235件の特許を侵害していると非難し、何らかのライセンス契約を結ぶようオープンソース企業に働きかけたのだ。この発言により、Microsoftがこれまで何年もかけて実施してきたオープンソース界との橋渡し作業は台無しになってしまった。

 Rosenberg氏は、オープンソースのスタイルがMicrosoft社内で徐々に受け入れられつつあることを示唆した。同社初のソースコード共有プロジェクトで、2004年にリリースされた「Windows Installer XML」パッケージは「グループバイスプレジデントのほか、多くの弁護士による承認を取り付ける必要があった」が、今ではこのようなプロジェクトが比較的当たり前になりつつあるという。

 Rosenberg氏は、OSIとMicrosoftは協力する必要があると述べる。「MicrosoftとOSIではオープンソースの内容が全く異なる。しかし、互いに成熟期にあり、成長を維持するためには互いの関与が必要だ」と同氏は述べる。同氏はまた、OSIが正式な参加メンバーを加えた業界団体のような組織になるべきだという議論がなされていることに言及し、Microsoftがこの議論に関心があることも示唆した。

 具体的にMicrosoftの名前は出さなかったものの、同氏は「このように高圧的な姿勢は自己破滅」を招き、「このような組織を必要以上に支持する」考えはどこからも生まれないのではとほのめかした。しかし、特許に関連する力の誇示や、その結果生じている問題を考えると、(OSIにとっては)Microsoftの懸念を受け入れようにも限度があるのかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化