マイクロソフトの仮想化戦略--仮想化技術をひも解く(6)

谷川耕一 2007年08月08日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化環境の上でLinuxを本気でサポートするのか疑問だという先入観もあるためか、サーバ仮想化の世界でMicrosoftの存在はVMwareやXenの陰に隠れているようにも見える。しかしながら、次期サーバOSである「Windows Server 2008」では、ハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアとなる「Windows Virtualization」の提供も開始される。サーバOSで大きなシェアをもつMicrosoftが、本格的にエンタープライズ対応のサーバ仮想化ソリューションを提供すれば、仮想化の普及に弾みがつくことは間違いない。今回は、Microsoftの仮想化についてひも解いていく。

Microsoftの仮想化はサーバだけではない

 「サーバの仮想化だけを取り上げると、Microsoftとしては話がずれてしまう」と語るのは、マイクロソフト サーバー プラットフォーム ビジネス本部 プロダクトグループ Windows Server製品部 マネージャの藤本浩司氏だ。Microsoftでは、仮想化というものをサーバの仮想化だけで捉えてはいないという。「Microsoft Virtual Server 2005 R2」および今後提供開始する「Windows Virtualization」でのサーバの仮想化、「SoftGrid」を用いたアプリケーションの仮想化、「Terminal Services」を用いたプレゼンテーションの仮想化、そして「Microsoft Virtual PC」を用いたデスクトップの仮想化という4つの選択肢が、Microsoftの仮想化技術戦略なのだ。

 顧客には仮想化技術に対するさまざまなニーズがあり、サーバの仮想化はその1つではあるが、それだけですべての課題が解決できるわけではない。サーバの仮想化が常に必要なのではなく、アプリケーションが新たな環境で動けばいいだけならば、それはアプリケーションの仮想化やプレゼンテーションの仮想化で実現できる場合もある。さまざまなニーズに対応するのが、Microsoftの仮想化戦略だと藤本氏は説明する。

 例えば、Terminal Servicesを用い、サーバ上でアプリケーションの実行をエミュレーションしてその画面をユーザー環境に飛ばして利用する方法は、特にシンクライアントに関心の高い日本では、セキュリティ面からも注目されている仮想化技術だ。Microsoftではハードウェア、ソフトウェアのリソースを有効に使うための4つの仮想化を提供し、さらにこの4つを適宜組み合わせて使うことで、より幅広い選択肢を提供する。

ニーズが高いアプリケーションの仮想化

 サーバを仮想化することで、Windows NT 4.0を最新のハードウェアで動かすことが可能になった。このようにしてWindows NT 4.0専用のアプリケーションを使い続けることができれば、過去のソフトウェア資産を有効活用できる。しかしながら、Windows NT 4.0はサポートも終了し、新たな脆弱性などには対応できない可能性もある。1つの小さなアプリケーションを動かすためだけにWindow NT 4.0を動かし続け、そのために企業が抱えるシステム全体のコンプライアンス確保が不完全になるのはナンセンスな話だ。

 そのシステムをネットワークに接続しなければコンプライアンス上問題ないかもしれないが、繋がずに済むシステムはほとんどない。結果的に、システム全体が危うい状況になるのであれば、サーバを仮想化するよりもアプリケーションを移植したほうがいい。

 大抵の場合ユーザーは、Windows NT 4.0のサーバが欲しいのではなく、アプリケーションが動きさえすればいいと考えている。それならば、リスクのあるレガシーOSを利用し続けるのではなく、アプリケーションだけを仮想化し、最新環境で動くようにすればいい。これを実現するのが、SoftGridという製品だ。

 Windows NT 4.0用に作られたプログラムには、同OS特有のDLLライブラリファイルやINIなどの設定情報ファイルがひもづいている。そのプログラムをWindow Vistaで動かす場合、プログラムそのものを持って行くのは簡単だが、DLLやINIファイルはOS独自なものであり、そのままでは動かないこともある。この問題を解決するために、例えば、Windows NT 4.0でプログラムを動かすのに必要となるライブラリファイルなどすべてをパッケージ化し、そのパッケージを新たな環境に持って行くのがSoftGridだ。

 古いアプリケーションを使い続けたいのであれば、サーバの仮想化よりもこの方法のほうがリスクは小さく、古い環境を残す管理や運用の手間を考えてもアプリケーションの仮想化はかなり有効な方法だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化