編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、Xandrosとの提携拡大

文:Richard Thurston(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-08-20 12:01

 MicrosoftがLinuxディストリビューターXandrosとの提携を強化した。

 Xandrosは「Debian」を元に、デスクトップ用とサーバ用のLinuxディストリビューションをそれぞれ開発している。また、2007年7月に買収したScalixによるオープンソースのメールサーバ「Scalix」も販売している。

 今回の提携は、MicrosoftがLinux企業各社との間で進める一連の合意のひとつとなる。これらの合意すべては、Microsoftのプロプライエタリソフトウェアとオープンソースの互換ソフトウェアの間で相互運用性を高めることを目的としている。

 XandrosとMicrosoftの提携は6月に合意に達しており、その時点では、両システムの管理を容易にするため、サーバの相互運用性向上を重視したものだった。

 そして、両社は米国時間8月15日、Scalixサーバを利用したWindowsベースのモバイル用電子メールソリューション普及を目指し、提携を拡大すると発表した。

 Xandrosが「Exchange ActiveSync」のサーバサイド実装を開発し、サードパーティー製ソフトウェアをインストールする必要なしに、モバイル機器との同期を実現する。

 Microsoftが利益率の高いモバイル用電子メール市場への参入努力を続けてきたことで、「Windows Mobile」ベースの電子メールシステムは徐々に人気を獲得してきた。この分野では現在「BlackBerry」の製造元Research In Motionが主導権を握っている。

 Xandrosの最高経営責任者(CEO)Andreas Typaldos氏は「Windows Mobileベースのスマートホンが持つユビキタス性を考えると、今回の合意は、デスクトップPC、ノートPC、携帯機器のユーザーに、Exchangeで現在得られるのと同等の幅でScalix接続の選択肢を提供するものになる」と述べた。

 Xandrosがライセンス提供するプロトコルは、Exchange ActiveSyncと「Outlook-Exchange Transport Protocol」の2つである。同社は、各プロトコルを利用した製品を6カ月から12カ月でリリースすると発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]