編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

アプリケーションのアンインストール方法

OKWave

2007-09-28 08:00

アプリケーションのアンインストール方法

FreeBSD Release 6.1 を使っています。 壊してはインストールしなおしたりを繰り返していますが、 アプリケーションのインストールについて質問です。

packagesとしてダウンロードした.tbzファイルを pkg_addで加えたときは、pkg_deleteで比較的容易に 削除できますが、portsからコンパイルしたり、.tar.gzファイルを 解凍してコンパイルしてインストールしたアプリケーションを 削除するときは、どうすればいいのでしょうか。

/usr/local/〜付近に、それっぽいディレクトリが 有るのはわかりますが、一般的に、こういったディレクトリを 丸ごと消去すれば原則okなのでしょうか。

WindowsではInstall Shieldのようなものを経て消さないと 一部のシステムファイルが残ったり、いわゆるレジストリの ゴミが残ったり、場合によっては再インストールした際の 誤動作の原因になりましたが、FreeBSDの場合はどうなのでしょう?
(Install Shield使っても残ったりしましたが・・・)

今回具体的に、消したいのは、PHP4.4.4 Apache1.37.14です。

良回答

>portsからコンパイルしたり

Portsからインストールしたものは、Packagesとしてインストールされるので、pkg_deteleで削除出来ます。

>.tar.gzファイルを解凍してコンパイルしてインストール

tarballからインストールしたものは、Makefileに削除の手順が記述されているのならそれを使用すればいいですが、ない場合にはmake installした際にどこにインストールされたか確認しておいて手作業で削除していくしかありません。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]