編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

シェルでの強制終了

OKWave

2007-09-25 13:00

シェルでの強制終了

通常で実行すると永遠と実行結果を出力するコマンドを、シェル内部にて実行して 内容をログに吐き出したいのですが停止方法がわかりません。
(ctrl+cと同じ事をシェル内部でやりたい。)

#!/bin/sh
prstat -t | awk '{print $2, $5}' > prstat.log

宜しくお願いします。

良回答

sleep XX -> kill はこの場合無効だと思われます。
(prstat -t だけだと永久ループのコマンドの為)

この場合は
prstat -t ではなく

prstat -t 1 300
としましょう。

意味合いとしては -t の出力結果を1秒毎更新、300回繰り返し
という意味です。
但しこの場合 prstat.log には300回実行分のログが残ります。

補足ですが prstat -t 300 1
とした場合 300秒毎に1回更新せよという意味になりますが
はじめの1回は一瞬で返ってくるので、これを1回とカウントしてしまうようです。

300秒後にもう1度実行させたい場合は prstat -t 300 2 とするが吉です。 但しこの場合もログには2回分の結果がのこります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]