編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

仮想化によってサーバ環境はどう変わるか--仮想化版WebLogicの狙い - (page 2)

杉山貴章(オングス)

2007-09-26 19:07

これまでと異なる分野へのアプローチも

 日本BEAとしては、BEA WebLogic Server Virtual Editionを国内ですでにWebLogicを使用する従来ユーザと、低コストで高パフォーマンスなアプリケーションサーバを必要とする新規ユーザの双方に売り込んでいきたいとしている。

 しかし仮想化はまだ新しい分野であり、その活用方法も試行錯誤の面が強いと中谷氏は語る。

 「早期導入ユーザの声を聞く中で、開発時には想定していなかったメリットが明らかになることもある。例えば新しいシステムをステージング環境から本番環境へ移す際に、仮想化されたサーバ上ならば環境をまるごと移動できるため手順漏れを起こす心配が無いという。運用面での利点だけでなく、このように開発の現場でのメリット指摘していただいたことは新鮮だった」。

 もちろんメリットばかりではない。特に大きな問題として、既存のものとは異なる全く新しい環境を使うことになるため、これまでのノウハウが役に立たなくなるという点が挙げられる。「当面は、そういったデメリット以上に得るものがあるということをアピールできるかが課題」だと同氏は言う。

 「仮想化という新しい分野に踏み込んだことで、今までと異なるアプローチもできると思う。例えば仮想化によって1台のサーバからホスティングのような形でサービスを提供するようなこともできるようになるので、アプリケーション・ホスティングやプロバイダ事業にも適しているのではないかと考えている。そういった新しい分野にも積極的に売り込んでいきたい」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]