編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ストールマン氏、1年ぶりの来日が決定:フリーソフトウェア運動を語る

荒浪一城

2007-10-02 19:14

 10月1日、特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ(Free Software Initiative of Japan:FSIJ)は、10月24日にRichard Stallman氏による講演会を、東京・秋葉原で開催する。講演のタイトルは「フリーソフトウェア運動とGPLv3の現在」。

 Stallman氏はフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation)代表で、ソフトウェア開発者、フリーソフトウェア運動家。1983年、フリーソフトウェア(自由なソフトウェア)を開発するためにGNU Projectを開始し、1985年に同財団を設立。GNU Emacs、GDB、gccなどを開発した中心人物と知られる。なお、Stallman氏は、およそ1年前の2006年11月にも来日、GPLv3に関して講演している

 今年は、フリーソフトウェア運動とは何か、なぜフリーソフトウェアが重要なのかを語るとのことだ。

 講演会の参加費は無料で、定員は130名。申し込みなどの詳細は、FSIJのウェブサイトを参照して頂きたい

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]